img_02

パティシエになるなら東京の製菓専門学校で学ぼう!

パティシエになりたいと考える人が増えています。

製菓の世界は元々男性が多かった業界ですが、近年では女性も手に職を付けたい、将来は東京などに自分の店を出したいと積極的な思いからも、そのように考えることが増えたようです。

パティシエになるには、独学ではなかなか専門的な知識や技術を習得するのに時間がかかります。



製菓の専門学校に通うか、既に店舗を出しているパティシエに弟子入りして学ぶことのどちらかが、専門的知識・技術を学ぶ具体的な方法となります。
弟子入りして習得する方法ならば働きながら行えますので、お金がかからないというメリットがありますが、店舗で作っている製品に関してのものしか習得できないデメリットがあります。
またかなり人間的に見込まれないと、技術の核は教えてもらえないと考えられます。

またパティシエというものは独創的なものを作りたいという欲求が強いでしょうから、やはり製菓の専門学校に入校し、基礎を学びながら同時に自分のオリジナリティ性の高い製品を模索するという方法が一般的ではないかと考えます。



東京には製菓専門学校が多くあり、どこも設備が充実して、その気になればいくらでも技術を高められる環境が整っています。



また専門学校では美味しいお菓子を作る技術と共に、その理論や栄養学なども同時に学べます。

食品に関する衛生管理の知識も得ることができ、食の世界ではどの業界にも通じるものですから、必ず異業種でも実生活も役立てることができます。

東京などに店を出している菓子店で働きながら専門学校に通うという方法もありますが、職人の世界は厳しいはずです。

自分の時間はまずなくなることを覚悟しなければならないと考えます。
それでも実際に商売をしているわけですから、美味しさと利益を同時に考えなければ成り立たない世界であることはいち早く覚えますから、一刻も早く自分の店舗を出したいと考える方にはおすすめしたい方法です。