img_02

お菓子作りを本格的に学ぶなら専門学校へ

お菓子作りを本格的に学んで将来パティシエになりたいなら製菓専門学校への入学をおすすめします。


お菓子作りは小さい子どもでもできます。また、お菓子作りの本やインターネットで検索して作ることもできますし、動画もありますのでお金を掛けなくても学ぶことは十分できます。
また、ケーキ屋さんに就職して修行を積んで現場を体験すれば技術は早く身に付くので優位だとも言えます。専門学校へ入学のをおすすめするメリットは、技術はもちろんですが、理論も学ぶのでより深くお菓子作りの知識が身に付きます。



さらに、有名パティシエや講師による授業を受けることができたり、本場のヨーロッパなどへの海外留学のチャンスもあり、夢が広がります。

また、コンクールへの出品や資格試験に挑戦したりできます。その代わりに大変な面もたくさんあります。



専門学校は月曜から金曜までみっちりと授業があります。

もちろん試験もあるので自宅で勉強もしなければなりません。



パティシエの仕事自体が立ちっぱなしで重たい小麦粉の袋を運んだり、力のいる泡立てなど体力も必要ですので、付いていけずに退学する人も少なくありません。

通うならケーキ教室という選択肢もありますが、あくまで趣味の範囲内です。

試験を受ければ講師の資格がもらえるところもありますが、それはその教室内だけで有効であって世間一般では通用しないものです。ですから、時間と資金的に余裕があるなら専門学校への入学がおすすめです。