img_02

正しい製菓理論・食品知識は専門学校で学びましょう

製菓というと洋菓子・和菓子などさまざまなものを思い浮かべ、そのようなお菓子を食べていると、自分でも作れないか、自分流でこんな美味しいものを作ってみたいと考える方もいるのではないかと思います。

女性は元より、近年では男性でもそのように考えることが多いようで、製菓についての知識や技術を得ることができる専門学校には、スイーツ男子が多く在籍していることもあります。
まずお菓子がなぜ美味しく感じるのか?この理由を知らなければ美味しいものを作ることはできません。



高度な製菓技術・技能を身に着けると同時に、食品衛生学・製菓理論などの知識を習得しなければなりません。

専門学校で両方を深く学ぶことでお菓子への理解が深まり、製菓を基軸とした未来が開けてきます。

このお菓子はなぜ生まれたのか、背景は何かなどの歴史的知識、そして安心して食べられるようにするにはどうしたらいいか、必要なものは何かなどの知識は、必ず一般の人が作るお菓子以上のものに繋がります。

食品の栄養や特性を引き出す方法は何か、健康に不可欠な材料を使ったものはできないか、などの食文化や食品の安全・衛生・栄養学などは専門学校でしか学べないことも多くあります。



正しい技能を身に着けるには、まずは道具の基本的な使い方をマスターしたいところ。

意外と正しい道具の使い方はできないことがあり、専門学校ではその技能を短時間で身に着けることができます。

そして計量から仕込み・仕上げまで一連のお菓子作りの作業を行い、個人の技能をレベルアップできます。


ステップアップすると自分たちで工程を考え役割を分担、連携作業をしながらお菓子を量産する方法を模索、開業したときのシミュレーション、豊富な実習を通じて各ジャンルの基礎技術を学ぶことができるのが専門学校です。